テーマ:名所旧跡

土方歳三資料館

新選組の土方歳三(ひじかたとしぞう)は、武蔵国多摩郡石田村に生まれ、少年期を過ごしました。現在の日野市石田です。 土方家の厚意により、自宅の敷地内に資料館が作られたのは平成2年のこと。いまや全国からファンが訪れる聖地になりました。 個人で運営している施設です。開館は月に2回のみ(第一日曜日と第三日曜日)。たまにイベント等…

続きを読むread more

山神社の御朱印

御朱印についての質問もありました。 ふだん社務所に人がいないので、「御朱印なし」と断定する情報もあるようです。 実は御朱印はあります。ただし町田市の母智丘(もちお)神社まで行かねばなりません。山神社は兼務社だそうです。 母智丘神社の最寄駅は町田です。小田急永山から新百合経由でもいいですし、聖蹟桜ヶ丘からだと、分倍河…

続きを読むread more

山神社へのアクセス

以前ご紹介した桜ヶ丘四丁目の神社です。 アニメの一週間フレンズ。の重要なシーンの背景に使われました。かもきちは悲しい物語がだめなので、あまり話題にとりあげていませんが、名作ですよね。今も聖地巡礼のファンと思われる方を時々見かけます。 山神社へのアクセスについて質問をいただくことがあります。 ネットの一部では、永山駅…

続きを読むread more

高幡不動へお参り

初売りで高幡不動の福銭をもらったので、何かのご縁を感じてお参りに行きました。 だいぶ遅い初詣です。 三が日は大勢の人混みですし、下旬になると「だるま市」で、これまた大勢が繰り出します。 1月の中頃は、それなりに賑わいますが、それほどの混雑ではありません。ここが狙い目かな、と思って出かけてきました。 しかし、か…

続きを読むread more

観蔵院の除夜の鐘

先日、ぶらぶら歩いていて、観蔵院の門の貼り紙に気がつきました。 なんと、今年から除夜の鐘をやめてしまうそうです。 大晦日のあの鐘の音をもう聞くことができないのかと思うと、なんだかさびしい気持ちです。  

続きを読むread more

せきど観音の御朱印

「かもきちさん、せきど観音で御朱印はいただけるんですか?」 はい、こんな感じですよ。 いいでしょう。 筆の運びに迷いがなく、清々しい感じがするので、とても気に入っています。 観音寺の御朱印は、霊場の巡礼など目的別に何種類かあるそうです。 観光地のお寺などと違って、いつでも御朱印を受け付けているとは限りません…

続きを読むread more

せきど観音

慈眼山(じげんさん)観音寺(かんのんじ)。真言宗豊山派のお寺です。 旧鎌倉街道から脇道を少し登った崖の上にあります。歴史は古く、鎌倉時代の初期に創建されたと伝わっているそうです。 崖地のため、狭い境内の大部分を本堂が占め、まわりにさまざまな仏像が祀られています。 古びた石仏のそばに、アニメ風のお顔の観音像が鎮座して…

続きを読むread more

谷保天満宮の御朱印

「かもきちさん、谷保天満宮の御朱印のことも紹介してくださいよ。」 御朱印が大好きな知り合いからつっこまれました。 拝殿に向かって左側の社務所でもらえますよ。 たまたま参拝客が少なかったせいか、社務所はのんびり穏やかな雰囲気で、境内に野生?のにわとりが住んでいることなどを巫女さんが教えてくれました。 すっきりと…

続きを読むread more

谷保天満宮

「かもきちさん、学業成就にご利益のある初詣スポットを教えてください。」 このへんの近隣で学業成就と言えば、なんといっても谷保(やぼ)天満宮ですね。ちなみに地名や駅名の「谷保」は、濁らずに「やほ」と読みます。 聖蹟桜ヶ丘駅から国立駅行きのバスに乗り、「谷保天神」停留所で下車すれば、すぐ目の前です。南武線の谷保駅からだと、歩…

続きを読むread more

大国魂神社

昨日、高幡不動尊のことを書いたのできょうは府中の大国魂神社のことを。 読み方は「おおくにたまじんじゃ」。 府中市か近隣の住民でないと、大国魂を読めない人が多いですね。「だいこっこん」と誤読するのを聞いたことがあります。 大国魂とは大国主命(おおくにぬしのみこと)の別名。神話に出てくる国造りの神様です。 元々たくさんい…

続きを読むread more

高幡不動尊

新年の初詣はどこに行きますか? 東京で「初詣の大手ブランド」といえば、なんといっても明治神宮ですね。 かもきちもブランド好きなので、元日の未明に明治神宮に行ったことがあるのですが・・・まるでアパレルの社販のように大勢の人が殺気立っていて、異常な世界でした。行列は遅々として進まず、半歩進んでは前の人にぶつかることを繰り返し、数…

続きを読むread more

「一ノ宮の渡し」跡

百草園への散策ルートの途中にある「一ノ宮の渡し」跡について、説明を付け足します。 駅から宮下通りを歩いていくと、左側にけやきの大木があり、その根元に「一ノ宮の渡し」を記念したモニュメントがあります。昔の多摩川の渡し場があったと伝えられています。 渡し場のモニュメントに並んで、明治時代の水道標識がおかれています。当時このあ…

続きを読むread more

対鴎荘(たいおうそう)

川崎街道を稲城方面に向かい連光寺の坂を上っていくと、「対鴎荘前」というバス停があります。しかし近くを見渡してもそれらしい建物は見当たりません。 しゃれた名前だけど、多摩丘陵までカモメは飛んで来ないのでは?と思った方もいるのではないでしょうか。 実は1980年代の中ごろまで、バス停の近くに「対鴎荘」という歴史的建造物が実在して…

続きを読むread more