桜ヶ丘ロータリー

画像
少し前ですが、9月1日にテレビ各局のニュースで、桜ヶ丘ロータリーが何度も映っていましたね。

道路交通法が改正されて、新しくラウンドアバウト(環状交差点)についての規定がもうけられました。

中央のまるい道路は時計回りの一方通行。外から来る車は徐行しながら左折で入り、左折で出ていく方式の交差点です。

ロータリーというのは一般的な名称です。交通の流れをスムーズにする目的で、信号や一時停止線がない場合にラウンドアバウトと呼ぶそうです。

桜ヶ丘ロータリーは、都内唯一の「環状交差点」認定とのことで、キー局の取材が殺到しました。

レポーターさんの丁寧な解説で、環状交差点の目的や長所はよくわかりましたが、実際に桜ヶ丘ロータリーがどう良くなったのでしょうか。「今までと全然変わらないんじゃないの?」というのが住民の率直な感想でしょうね。

もともと信号はありませんでした。一時停止はなくなるどころか、前より増えたようです。法律の趣旨に正しく沿っていると言えるのかなぁ・・・

「一時停止」を「徐行」に変えないと、せっかくの新しい仕組みがうまく機能しないように思います。

理由があって、何が何でも一時停止を残したかったのでしょうか?
それならそれで、環状交差点の認定を辞退しておけば、お金を使わずに済んだかもしれませんね。