多摩クラフトビールフェア (つづき)

画像
「かもきちさん、ご意見もいいけど、ビールフェアそのものについても書いてくださいよ。」

そうでした、そうでした。

クラフトビールとは地ビールのこと。各地のローカルブランドのビールが並びましたね。

どれがおいしいかわからないので、「とりあえず地元の多摩のビールを・・・」と思ったら、同じことを考える人が多かったようで、すでにもう大行列でした。

そこで、比較的短い行列にどんどん並んで、知り合いとシェアすることにしました。どれもおいしかったですよ。

八海山のビールの行列では、ラガーと黒ビールの味わいの違いについて熱く語っている人がいました。とても勉強になりましたよ。近くでヘラヘラして聞いていたのがかもきちです。

グビグビ飲んで、「ツマミを買おうかな・・・」と思ったら、近くの屋台で「ビールと春巻き、無料でどうぞー!」と叫ぶ声が。

6月13日オープンの「虎's DINING」が開店キャンペーンをやっていました。シソ入りのエビ春巻きは、カラッと揚がって、味わい深い一品でした。

実店舗は、聖蹟桜ヶ丘駅東口のビルの地下1階。はじめて地下のお店に入るのは、ちょっと勇気がいりますが、青空の下で、どんな料理でどんなスタッフかわかるというのは、とても印象がいいですね。

一度行ってみようと思います。禁煙だといいな。