多摩川沿いをきびきび歩く

画像
「せいせきガイドの散策って、寄り道したり、横道にそれたりして、なんかゆるいんですよね。」

知り合いから軽く突っ込まれました。

スポーツの秋なので、職場で健康イベントが始まり、各部署の代表に毎日1万歩がノルマとして課せられたそうです。代表なんか引き受けなきゃいいのに、義理堅いですね。

「のんびり散策を楽しむつもりはないので、聖蹟桜ヶ丘駅からきびきび歩いて、歩数計が1万歩になるルートを教えてください。」

わかりました。それなら、多摩川沿いをぐるりと歩くのがよさそうです。

聖蹟桜ヶ丘駅からスタートですね。まず多摩川の土手に出てください。せいせきC館の裏の駐車場を抜けてもいいし、ほかの所でもいいです。土手に上がって右方向、関戸橋に向かって歩きます。

関戸橋を渡ります。渡ったら左折して、府中側の土手を上流に向かって歩きます。四谷橋を渡って左折し、土手を歩いて聖蹟桜ヶ丘駅に戻ります。

効率を絵に描いたような、ほぼ四角形のルートで、道に迷うこともありません。これでだいたい5,000歩。もう一周すれば1万歩になりますよ。

なお府中側の土手の道は、わりと自転車への配慮が優先されていて、歩行者にはあまりやさしくありません、お気をつけください。